和語の里 - 日本語・語源・考察 -

やまとことば 辞典/日記@和語の視覚化・データ化・語源解説/日本語の問題点※記事内の使用画像:cc0のフリー素材・及び加工物※画像の二次使用NG

【アルミ・メタル・メッキ】仲間ハズレは?【キミ…日本語だったの!?語源は滅金?】

f:id:peaceheart:20201202111511j:plain

🦊こんにちは🦊

多くの人が この言葉にダマされてる。そんな記事です。

 

アルミ・メタル・メッキ

この3つの共通点は?

 

カタカナ表記

金属系のモノ

外来語

        ↑

こう答えた人は言葉に騙されています!

 

f:id:peaceheart:20201124145954j:plain

 

多くの人の勘違いとは…

 

メッキ=外来語という勘違い

 

 

メッキ」の正体は…

f:id:peaceheart:20201202203849j:plain

日本語」だった

メッキのメッキが剥がれた!

 

▼アルミ・メタル・メッキ

f:id:peaceheart:20201202111511j:plain

 【アルミ・メタル・メッキとは?

アルミ= [ aluminiumアルミニウム ] の 略

メタル = metalメタル = 金属

メッキ = 滅金メッキン鍍金メッキ塗金トキン

          ↑

これを見ればひと目で分かりますね。「メッキ」だけ日本語由来の言葉です。

 

 

▼滅金・鍍金・塗金とは?

f:id:peaceheart:20201115054541p:plain

塗金トキン = 元の呼ばれ方

滅金メッキン = 性質から この名に変わる

鍍金メッキ = メッキンの後の呼び名

 

出典:「めっき(メッキ)」とは何ですか? | ヱビナ電化工業株式会社

めっきの語源
めっきは元々、塗金(ときん)と呼ばれていました。
その後、アマルガム法というめっき法で金が水銀に溶けて見えなくなることから滅金(めっきん)と呼ばれるようになり、さらに、鍍金(めっき)へと呼び方が変わりました。

 

 

▼「鍍金-メッキ」と「鍍金-トキン」

f:id:peaceheart:20201128183714j:plain

「鍍金」には、[2つの読み方] があります。

鍍金メッキ と 鍍金トキン です。

 

[米]を[ベイ]と読むように[金]も[キン]と読むわけですね。※同じ[度]を含む漢字同士 

・[鍍] の 音読み=ト

・[渡] の 音読み=ト

 

 

つまり…

f:id:peaceheart:20201202111511j:plain

読み方として自然なのは

鍍金メッキ よりも 鍍金トキン ですね。

※[鍍金]は当て字という扱いになります。 

 

つまり…

 

 鍍金メッキ = 鍍金トキン = 塗金トキン

 

ややこしいですね(笑)。ただ、これが語源の考えのヒントになりそうです。

※今回の記事では語源についてこれ以上言及しません。考察されている資料がありましたのでリンク貼っときます。→https://www.jstage.jst.go.jp/article/denka/27/12/27_653/_pdf

 

 

 

 

f:id:peaceheart:20201130114539j:plain

⭐いかがでしたか?⭐

 

文字だけでは、どの国の言葉なのか分からない。

ってことが、意外とあります。

 

日本語でも[クビにする]とかカタカナ表記で書いたりすることがあります。⭐カタカナは印象を変える力⭐を持ちます。その手の話について本を出版する予定なのでお楽しみに♪

 

 

▼マメ知識

f:id:peaceheart:20201119124721p:plain

正式表記 = ひらがな

 

[めっき] が 正式表記

出典:「めっき(メッキ)」とは何ですか? | ヱビナ電化工業株式会社

JISや表面技術協会では平仮名で書く様に統一されています。

現在では、鍍の字が常用漢字でないことから「めっき」と表記される様になりました。

ひらがなの理由は常用漢字表外だから。

あくまで、JIS・協会の話 なので、一般人は視認性の高い「メッキ」を用いて問題ないでしょう。

 

 

自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)

自分を「平気で盛る」人の正体 (SB新書)

 

 

 

【メッキがはがされる】

[鍍金が剝げる]とか[メッキが剥がされる]とか言いますが、その[メッキ]の漢字も[鍍金]です。

出典:デジタル大辞泉小学館

鍍金(めっき)が剝(は)・げる の解説
取りつくろうことができなくなって、本性が現れる。「追及されて―・げる」

 

 

 

鍍 | 漢字一字 | 漢字ペディア

音ト
訓めっき
意味:めっき。金属の薄い膜で他の金属の表面をおおうこと。「鍍金」

「鍍」から始まる言葉
▲鍍・〈▲鍍金〉(めっき)

 

出典:デジタル大辞泉小学館

と‐きん【×鍍金】 の解説
[名](スル)「めっき(鍍金)」に同じ。