和語の里 - 日本語・データ化・考察 -

やまとことば・和語・日本語に関する情報をデータ化・日本語の問題点解説※記事内の使用画像:cc0のフリー素材・及び加工物※画像の二次使用NG

【お知らせ】連絡用ページ・報告用ページ【New Release】

f:id:peaceheart:20201121192609p:plain

▼🔆News🔆

Kindleで「カタカナ日本語辞典」出版

f:id:peaceheart:20210401201445j:plain

(20210325発売の〝カタカナ日本語辞典〟)

 

 表紙にデカデカと「  前代未聞!! 」と書かれていますが、今回 出版した「カタカナ日本語辞典」における「カタカナ日本語」という概念に当てはまる言葉」のみをここまで大きくまとめた辞典・読み物はおそらく未だかつてないという意味での 前代未聞!! です。

 

 「カタカナ日本語」というのは、カタカナ語」とか「カタカナ言葉」とか呼ばれているものではありません。それらは由来としては英語などの外国語由来の言葉として紹介されているのが普通ですよね。

 

 「カタカナ日本語」とは

「カタカナ表記されやすい日本語」

「カタカナ表記の意図がある日本語」

「カタカナ表記で意味の変わる日本語」

などが当てはまります。

 

 「カタカナ日本語辞典」は「辞典」という名目でもありますが、言葉の説明以外にも「カタカナ表記への見解」を多く載せています。カタカナの傾向・特徴なども文として書かせていただいてるので、辞典という面以外で、読み物として見ても面白いかと思います。

※補足:「カタカナ日本語辞典」の中で「オヌカ」という言葉が出ますが、それについての説明は「コチラの記事【オヌカとは?】」から確認してください。。

  

続きを読む

【迷子探します or 迷子探しします】「助詞〝を〟」は省略できる!?【疑似連語連用形名詞】

f:id:peaceheart:20210429215432j:plain

🦊こんにちは♪

 うちの周辺に迷子猫がウロチョロ🐈していて、どうすればいいか悩んでいます…まあ、その話は置いといて、「迷子」が使われる文をもとに記事にします。

 

 まず、下の2つの文をお読みください。

A「迷子探しします」

B「迷子探します」

        ↑

 このBが「付け替えつ・か・」という連語連用形名詞とタイプが似ています。「付け替え」は活用できます。「付け替え」を連用形として「ます」に繋げられます※例「付け替えます」。終止形にしたければ「付け替える」と活用することができます。

 ではB「迷子探し」を、連語連用形名詞として考えると、「迷子探し」に「ます」をつなげることができたから「迷子探します」という文も成立するのかと問われれば、「待った!」をかけたいと思います。なぜなら、これは「助詞〝を〟省略」という可能性があるからです。

 

▼「助詞〝を〟省略」

 「迷子探します」というのは、「迷子を探します」の「助詞〝を〟省略」 していることも考えられます。実は「助詞〝を〟」というのは「省略できる」または、「省略しても通じる」からです。 

▽「助詞〝を〟省略」の例

「迷子を探します」→「迷子探します」

「あの人を連れてきて」→「あの人連れてきて」

「どれを食べようかな」→「どれ食べようかな」

「もっと金を稼げ」→「もっと金稼げ」

「恋人を連れてきて」→「恋人連れてきて」

         ↑

 このように、普段から耳にする文でも助詞〝を〟が省略されているということが結構あります。右のような文や形を「助詞ヲ省略」と名付けます。ややこしい名前になっているため※、別な名を考え中です。

続きを読む

【させる】自由にやらせる・(誰々を)~にする【同字同音異義語】

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

🦊こんにちは♪

 「〝させるではなく、好きにさせる教育〟という方針にすべき!」 のような話を耳にしたことがありませんか? 「教育のあり方の議論」になると、たびたび上がる提案 です。

 この「好きにさせる」という文言に「違和感・引っかかり」がありました「アレ!?」と思う部分があったんです。それは、「複数の捉え方」ができるからでした。

 

●「させる」の種類まとめ

・「させる」の「自由型」

・「させる」の「にする型」

・「させる」の「指示命令型」

この記事で便宜上、上のように呼びます。

 

▼「させる」の捉え方

f:id:peaceheart:20210428190516j:plain

▽「好きにさせる教育」の「自由型」

 これは「~に好きなようにやらせる教育」とも取れます。つまり、「生徒の自由な勉強方法・手順などを尊重する教育」ということです。

 

😩「うちの子が家で勉強するとき、歴史の授業であとに習う時代ばかりやってしまうようです。」

 😀「その時代が好きなんでしょうね、歴史を楽しんでいる気持ちを無くさないために、好きに〝させる〟のも大事です! 」

 

【効果】

 Aにさせることで、Aは自分の意思で行動。

※A=させられる側

 

▽「好きにさせる教育」の「にする型」

 これは「生徒を勉強好きにする教育」とも取れます。つまり、「教える側の教え方などによって、生徒に勉強が好きになるように導く教育」ということです。

 

😩「うちの子が勉強嫌いで、この塾に通えば改善されるでしょうか。」

 😀「任せてください! お子さんを勉強が好きな子に〝させる〟自身があります!」

 

【効果】

 させる側の意思で、させられる側の意思を変える。

 

 このように、同じ言葉でも捉え方で意味が異なるものがあります。「同音異義語」というものは知っていると思いますが、今回の「させる」については、「字も同じ」であるため、さらに紛らわしい「同字同音異義語」となります

 実は、「させる」には、もう一つの型「指示命令型があるのですが、「好きにさせる」の文脈では、そのタイプが表しにくいため、次に別な例を並べていきます

 

▼勉強以外で見る「させる」の種類

f:id:peaceheart:20210330235955j:plain

 先程は、「勉強」と「好き」という要素があること前提で、「させる」の捉え方の違いを説明しましたが、もっと広い範囲で考えるため、別な要素(別な状況)でも例文を考えてみました

 

▽「させる」の「自由型」

😩「息子が最近、休日の帰りが遅い。 早く帰って来いと言うべき?」

 😀「もう18歳大学生でしょ、自分で行動を決め〝させる〟のも大事だよ! まあ、悪い遊び・危険なことはしてないかは、確認したほうがいいけど。」

 

【効果】

 Aにさせることで、Aは自分の意思で行動。

※A=させられる側

 

【例文での結果】

 息子の状態を変える。

「買わなそうな状態」→「爆買するほど興味を持つ状態」 

 

▽「させる」の「にする型」

😆「いやあ、売れた売れた♪ やっとKさんが買ってくれたよ!」

 😀「あの慎重そうな富豪のKさんに、爆買い〝させる〟なんて凄いですね!」

 

【効果】

 させる側の意思で、させられる側の意思を変える。させられた側は、変えられた意思によって、行動も変わる。「Kさんをほしい気持ちにする」。

 

【例文での結果】

 Kさんの気持ち・行動を変える。

「買う気の薄い気持ち」→「爆買いしたくなる気持ち(状態)・爆買いという行動」 

 

▽「させる」の「指示命令型」

😆「お前も、俺らのパーティに参加しろ!」

 😅「Y先輩のパーティなら喜んで参加します!」

 😅 (本当は行きたくないんだよなあ…) 

 😀「あーあ、Yがまた後輩を参加〝させる〟のか!」

 

【効果】

 させる側の意思で、させられる側の行動を変える。自主的な行動意思は変えない。ほとんど強制的なものなので、指示や命令になる。

※先輩に断るとマズい風潮・部内ルールなどにより、断れないということになる。

※「イヤだな」という意思に変えるというのは起こっている。しかし、「自主的な行動意思」は変わっていない。

 

【例文での結果】

 後輩の行動を変える。自主的な行動意思は変えてない。

「特に何もない・すでにある予定」→「先輩のパーティに参加」 

 

 

 

 

 

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

いかがでしたか?

 基本的に「指示命令型」の「させる」は、減らしていき「自主性を重んじた教育」を国が考えていってほしいものです。

 まあ、教育に限らず、社会も「自由形」の「させる」みたいな社会になればいいなあと思います。

 

 

【Promotion】Kindleカタカナ日本語辞典

f:id:peaceheart:20210321221756j:plain

「keyword」させる 意味、サセル 意味、saseru 意味、使い方、ニュアンス、にゅあんす、NUANCE、nyuannsu、ひびき、ヒビキ、響き、hibiki、とらえかた、トラエカタ、捉え方、toraekata

加藤官房長官「寄席」を「よせき」と読む→批難殺到【わかりやすい部分を叩く国民】

f:id:peaceheart:20210501155846j:plain

🦊こんにちは♪


 「寄席※」を「よせき」と読んだ官房長官が叩かれてるのを見て、「日本人は相変わらず中身じゃなくて、外見(読み方・言葉遣いなど)を気にする人種なんだなあ」と 落胆しました。そりゃ、小池百合子さんみたいな、パフォーマンス系の人が上の立場で好き放題できるわけだと思いました。

※「寄席ヨセ」と読む

 https://twitter.com/eventfurusatoen/status/1388122709259784201

 

 https://twitter.com/Sowaca4/status/1388345397341425673

▽見るべきところはそこじゃない

 こういった漢字の誤読扱いとされる読み方は、〝知識さえあれば子供でも〟間違いと指摘できます。分かりやすい部分を「外見」と例えると、外見にしか目に行かないというのは、大変危険なことです。政策においての仕事は、言葉を読むことでもありません。きちんとした政策を行うこと、何をするかをしっかり話し明らかにすることです。

 

▽加藤官房長官は演芸・芸能組合長でもなんでもない

 こういった業界用語のミスは「加藤=演芸・芸能組合長」だったら、「間違えるなんてトンデモナイ!」と怒ってもいいかもしれませんが、官房長官ですから(笑)。

 

▽中身を見ようとする人はいないのか

 さて、こういった誤読関係の話題から、日本国民は外見ばかりしか見ずに中身を見ようとしない人だらけで、不安になりましたが「よせ(寄席)」ごときを気にせず、政策の批判をしろという発言をする人も少ないながらいたのでホッとしました。

        ↓

 https://twitter.com/Fake_Star_009/status/1388354441917595651

 

▽そもそも業界の言葉は日本語力は関係ナシ

 こういった誤読があると、「日本語力が~」「国語力が~」と言い出す人が現れます。しかし、「寄席」なんて劇場の用語ですから、国語力とか日本語力とかとは違うんですよね。

 

 

※今回の件は加藤官房長官が「〝ヨセキ〟を含む劇場等に対して~」と、言い放ったことによる、ツイッターの馬鹿騒ぎを見て記事にしました。

立川談四楼「寄席をヨセキと言った」加藤官房長官に嘆き 休業の決断には「引き際は見事だったねえ」:中日スポーツ・東京中日スポーツ

News about 官房長官 寄席 on Twitter

 

 このブログは、特定の政治家の「擁護」を目的としたものではありません日本全体の「言葉の認識の問題点」を語っているだけです。 加藤官房長官の政治的な仕事を直接語る記事ではありません

▼参考

 

出典:デジタル大辞泉小学館)「よせ【寄‐席】」
《「人寄せ席」の略》落語・講談・漫才・浪曲・奇術・音曲などの大衆芸能を興行する演芸場。常設のものは寛政年間(1789~1801)に始まる。席 (せき) 。席亭。よせせき。よせば。

 

 

 

✗寄席=よせき

○寄席=よせ

        ↑

keyword:「寄席ヨセ」よせ ヨセ yose 、よせせき、ヨセセキ、yoseseki、よせき、yoseki、yoseki 

 

 

【Promotion】Kindleカタカナ日本語辞典

f:id:peaceheart:20210321221756j:plain

【語源も分かる】私家版【(連語の)1漢字化 辞典】日本語の語源を知ろう♪

f:id:peaceheart:20210501075341j:plain

▼1漢字化 辞典(Data)

【A】

いなつま・いなづま・いなずま;稲夫(稲妻);→;電(いなずま);22→13;kksg5;(学研全訳古語辞典「稲妻(いなづま)」によると「◆稲の夫(つま)の意から。いなずまは、稲の開花のころに多く、これによって稲が実ると考えた古代信仰による。」

うけたまはる(うけたまわる);受け賜る・受賜;承る、28→10・23→10;kksg10

うそふく・うそぶく;嘘吹く;→;嘯く(うそぶく);22→16;kksg5 oso

えかく・えがく;絵書く;描く(えがく);23→13;kksg10

おくぶかい;奥深い;;窈い(おくぶかい);25→12;kksg10

おちいる;落ち入る;;陥る;22→12;kksg10

おとしいれる;落とし入れる;→;陥れる;25→15;kksg10

おほとり・おおとり;大鳥;→;鳳(おおとり);14→14;kkse

おもんばかる・おもんぱかる;思計る;→;慮る(おもんぱかる);20→17;kksg oso

 

【K】

かがみ;影見;;鏡;22→19;kksg;精選版 日本国語大辞典「鏡」より、〘名〙 (「影見(かげみ)」で、「かが」は「かげ」の交替形という)

出典:鏡・鑑・鑒(かがみ)とは - コトバンク

 

かたむく;片向く→傾く、11→14;kksz

かへりみる・かえりみる;返り見る;→;省みる;19→14;kksg5

かみなり;神鳴り;雷(かみなり);26→13;kksg10

 

きつな・きづな・きずな;木綱;→;絆(きづな);18→11;kksh5

出典:デジタル大辞泉小学館)「き‐ずな〔‐づな〕【×絆/×紲】」
1 人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。「夫婦の―」

2 馬などの動物をつないでおく綱。

 

こころよい;心良い;→;快い(こころよい);13→9;kksg5

こころさす・こころざす;心指す;→;志す(こころざす);16→10;kksg5;精選版 日本国語大辞典 [こころざす] によると、(「心指す」で、心がその方へ向かうの意)

 

くぎる;区切る→劃る(くぎる);10→16;kksz oso

こころみる;心見る→試みる;13→18;kksz

ことわる;事割る→理る;x→x;;デジタル大辞泉「こと‐わ・る【▽理る】」によれば《「事割る」の意》で、「理る」の意味は「物事の筋道をはっきりさせる。是非を判断する。」と説明されている。

【S】

さかな;酒菜;→;魚(さかな);24→11;kksg10 kksd

さげすむ;下げ墨む27→蔑む21・貶む16;kksg10 oso

さきかけ・さきがけ;先駆け;→;魁(さきがけ);23→14;kksg5 oso

さしはさむ;差挟む;→;挿む(さしはさむ);23→14;kksg5

さしまねく;差招く;→;麾く(さしまねく);19→16;kksg oso

【T】

たそかれ・たそがれ;誰そ彼→黄昏(たそがれ)、21→20;kksd kkse atj

つきはむ・ついばむ;突食む;→;啄む(ついばむ);22→15;kksh5

 

 

つちふる;土降る→霾る(つちふる)、14→24;kksz oso

 

つまつく・つまづく;爪突く→躓く(つまづく)、14→23;kksz oso

つむじかぜ;旋風→飃(つむじかぜ)、20→20;kkse oso

 

ともえ;鞆絵;巴(ともえ);26→4;kksg10

ともなふ・ともなう;友+なふ(行いの接尾語);伴ふ・伴う;x→x;kksg1 kkse;(精選版 日本国語大辞典で言っている「なう」とは「動作・行為を行う意の動詞をつくる〝なふ(なう)〟」のことだろう。

精選版 日本国語大辞典「とも‐な・う ‥なふ【伴】」
(「なう」は接尾語)

出典:学研全訳古語辞典「-な・ふ」
接尾語ハ四・ハ下二
名詞、副詞、形容詞の語幹などに付いて、その動作・行為を行う意の動詞をつくる。「商(あき)なふ」「占(うら)なふ」「いざなふ」「諾(うべ)なふ」「甘なふ」
参考多く四段に活用し、まれに下二段にも活用する。 

 

【N】

なべ;菜瓮→鍋(なべ);23→17;kksg5

ねや;寝屋根;;閨;x→x;kks;linkデジタル大辞泉の見出しの表記【閨/寝屋】。デジタル大辞泉で調べると「夜寝るための部屋(特に、夫婦の寝室)」「奥深い所にある部屋。深窓。」の意味

にわとり;庭鳥・ニワトリ;鶏;kksd

【H】

はなむけ;鼻向け;餞(はなむけ);23→17;kksg5 oso

ひこ;日子;;彦;7→9;kksz;出典:デジタル大辞泉小学館)《「日子」の意》

ひめ;日女;;姫;7→10;kksz;(出典・参考:日本大百科全書{ニッポニカ} )語源は「日女(ひめ)」で、「ひ」は美称とされる。[藁科勝之]

ほしいひ・ほしいい;干し飯・乾し飯;糒;x→x;oso

ほしきまま・ほしいまま;欲しき儘・欲しい儘;縦・恣・擅;x→x;oso

 

【M】

まつりごと;祭り事;政(まつりごと);21→8;kksg10

みちひく・みちびく;道引く;→;導く(みちびく);18→16;kksg 

みづうみ・みずうみ;水海;→;湖;14→12;kksg

 

みつから(みづから・みずから);身つから・身つ柄(身づから・身ずから);自ら;デジタル大辞泉小学館)「みずから〔‐づ‐〕【自ら】」によると、《「み(身)つから」の音変化。「つ」は「の」の意の助詞。身そのもの、の意》;17→9;kksg5

 デジタル大辞泉【み‐ず‐から〔‐づ‐〕自ら】 の解説によると、《「み(身)つから」の音変化。「つ」は「の」の意の助詞。身そのもの、の意》とあります。説明通り、[から=そのもの]という点で考えると、[から]の漢字は[柄]あたりと考えられます。そのため、漢字表記の部分に[身つ柄]も載せさせていただきました。[柄]の意味に[本来備わっている性格・性質。本性。]があり、[そのもの]と同じです。

みまはる・みまわる;見回る→邏る(みまわる)、15→25;kksz

みや;御屋;;宮;x→x;kksg

みやこ;御屋処・宮処;→;都;x→x;kksg

 

むしばむ;虫食む→蝕む(むしばむ)、19→19;kkse oso

もてなす;持て成す→饗す(もてなす)、21→25;kksz

 

 

▼タグ一覧・タグ説明 

f:id:peaceheart:20210428190516j:plain

【kks】

「画数(かくすう)=KaKuSuu」から

 

【kksg】

・1漢字化で画数が減る=kksg

※g=genn(げん-減)

【kksg5】

1漢字化で画数が5画~9画減るもの

 

【kksg10】

1漢字化で画数が10画以上減るもの

 

【kksz】

・1漢字化で画数が増えるもの=kksz

※z=zou(ぞう-増)

 

【kkse】

・画数が同じ=kkse

※e=Equal

 

【kkse + kksg】

・画数が1画差=kksg kkse

※組み合わせる

 

 

 

 

▼画数は下のサイトで計算しました。

※「未完成」「要チェック」の単語には「mkn」記す 

 

 

  

 

和語 語源、日本語 小ネタ、日本語 語源、日本語 語彙、和語 語彙、日本語 語彙力、和語 語彙力、語源、日本語複雑化とは、にほんごふくざつか、ニホンゴフクザツカ、nihonngohukuzatuka、日本語複雑か、【キーワード】<送り仮名ブレ>顧みる、顧る、顧りみる、省みる、省る、省りみる、<表記ブレ対策用>連語1つの漢字にしてしまう、いちかんじか、イチカンジカ、一漢字化、壱漢字化、itikannjika、itikanjika、itsikannjika、itsikanjika、ichikannjika、ichikanjika

私家版【連用形名詞 辞典】part1「あ行+辞書説明」飽き・編み込み【「連用+連用+する」「連用形+する」】

f:id:peaceheart:20201230233237j:plain

🦊 こんにちは♪🦊

日本人は国語の授業において、終止形・未然形など教わります。そして、[連用形]は、特異な存在です。

 

連用形の特異性とは…「名詞的用法」としても 使われることです。

 

1つの動詞からなる連用形名詞】

 「ひかる(光る)」という動詞の連用形は「ひかり(光り)」ですね。この「ひかり」という言葉は、ヒカリ」という形で「名詞」として使っています(多くは無意識に覚える)。

※光=「光るものが発する輝き・明るく照らす光線」などを表す。

        ↑

今紹介したものは、「1つの動詞からなる連用形名詞」です。次に「2つの動詞からなる連用形名詞」を紹介します。

 

2つの動詞からなる連用形名詞】

 「貸し出しカ・ダ・」のように「貸しカ・」+「出しダ・」の組み合わせてを「名詞」として使っています。

例:探していた本は、すでに貸し出しされていた。

[貸す]という動詞の連用形「貸しカ・」と、[出す]という動詞の連用形「出しダ・」を 合わせたものなので、「2つの動詞からなる連用形名詞」です。

 

part1(辞典説明・Tag説明):Link part2:Link part3:Link

 

▼はじめに:連用形名詞の特徴

f:id:peaceheart:20201230233237j:plain

 多くは「名詞・連用形どちらでも使うことが可能」です。

 

【名詞的用法】あの星の光はキレイだ。

【動詞的用法】あの星はキレイに光ります。

 

【名詞的用法】貸し出しする。貸し出しします。

【動詞的用法】貸し出している。貸し出します。

 

▼はじめに:連用形名詞の特徴2

f:id:peaceheart:20201230233237j:plain

純粋な動詞の意味では使えなくなることも多い」です。その動詞の特性を持った物質・概念・サービスを指す言葉でしか使えないということ。

 

❌あの星は光する。

❌私の足がムクミする。

※動詞の純粋な名詞としては使えない。[あの星は光っている・私の足がムクんでいる]などの表現が一般的。

  

⭕貸し出しする。

※動詞としての意味で使える。英語で言う動名詞("〜ing"・"to 〜")のように使える。

 

 

 

▼はじめに:連用形名詞がつくる文

f:id:peaceheart:20201230233237j:plain 

 

🍅「名詞として使っている例」を 下に示します。

・〇〇する:着せ替えする

・〇〇をする:付け替えをする

・〇〇した:今月3回も釣りした

・〇〇をした:大昔の人は狩りをした

・〇〇が:笑いが起きる

・〇〇がある:彼には借りがある

・〇〇だ:趣味は人形の着せ替えだ。

・〇〇に:釣りに行く。

・〇〇しに:釣りしに行く。

・〇〇をしに:釣りをしに行く。

・〇〇です:これは大きな借りですね。

・〇〇と〇〇:借りと貸しをチャラにした

        ↑

このような形の[一部・全て]になれるのが連用形名詞。

 

※「連用形としての用法・名詞形としての用法」が区別しにくいものもあります。

※日本語においての漢語は、名詞として使われるのが基本なので、それと同じように使えるということです。詳しくは記事下。

 

 

 

▼「連用形名詞 Database」見方

f:id:peaceheart:20201122170757j:plain 

以下のようにDataをまとめています。

[A1]ひらがな;[A2]非ひらがな;[S]終止形;[T]タグ(Tag);[D]説明;[G]語源漢字

※ただし、「見出し作りが最優先」ということもあり、[A1]・[A2]にしか書かれていないDataも多くあります。※20210222

 

【表記例】

かたまり;塊・固まり;固まる;1knj;[固まる]の連用形[固まり]が[1漢字化]されたのが[塊]表記。;固まり

 

【調査中】

[A1]ひらがな;[A2]非ひらがな;[S]終止形;[T]タグ(Tag);[D]説明;[G]語源漢字

        ↑

このように打ち消し線があるDataは仮に入れているだけで、連用形名詞として使われているか未確認のものです。 調査したうえで、連用形名詞として現段階どうあがいてもありえない場合はtagに[ng]と入れます。

 

 

【Data 見方】

・[A1]ひらがな表記
・[A2]非ひらがな表記

カタカナ、漢字、交ぜ書きなど、ひらがな以外で書かれる場合が想定される表記を入れる。

・[S]終止形
・[T]タグ(Tag)

Tagになにが入っているかで、簡潔に特性や特徴を示します。各Tag の 意味などは、ページ下部の[Tag 説明]にて。

・[D]説明

意味や語源など

・[G]語源漢字

[連用形名詞の漢字表記]と[動詞で使う漢字表記]が異なる場合。そのため、「[S]終止形」と ほとんど同じ

 

 

▼連用形名詞 Database※不定期更新

 

【A Aa あ】

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

 

あがき;アガキ・足掻き・踠き;あがく;無駄なアガキ
あがり;アガリ;上がり上がるスゴロクのゴールを上がりとも言う、彼はあがり症
あかぬけ;垢抜け;垢抜ける;kty;「垢抜けしたデザイン」「垢抜けする方法」という形で連用形名詞として用いられる。デジタル大辞泉にも[あかぬけ]の見出しアリ。;
あき;飽き;飽きる・飽く;;飽きが来る
あげ;上げ・アゲ;上げる;関連語=アゲアゲ。
あけ;明け;明ける・明く;明けになると、【関連語】明け方・夜明け
あしとめ・あしどめ;足止め;
あたひ・あたい;値・値い・値ひ;あたう;精選版 日本国語大辞典[価・値(読み)あたい]にて、[相当する]の意の動詞「あたう(能)」の名詞形かと推測と「あたあひ(当合)」の変化した語という説の紹介がある。
あたり;アタリ・当たり;当たる;あたりが強い、アタリが出た、このあたりで休憩
あたり;辺り;当たる;この辺りで休憩
あてアテ当て宛て当たるアテがある、どこ宛てに送るもの
あまやどり;雨宿り;雨で宿る※注意;;[雨宿る]という動詞表現自体が不自然で、[雨に宿る]などとしても不自然。[雨で宿る]がギリギリ考えられる。次に想定できるのが、[先に〝あまやど(雨宿)〟という名詞ができてから、そこに〝動詞化の”r”〟をつけ、連用形名詞にした]という推測です。実際の語源が判明次第加筆。
あみこみ;編み込み;編み込む;ong;"お編み込み"という表現の検索結果は[お!編み込み模様だ]のような文言を拾ってるだけで、ほぼ使用例がないと考えられます。
 
 

【A Ai い】

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

いがみ;歪み;歪む;いがみ合う
いかり;怒り;いかる・怒る;[いかる・おこる]は[同字異音]
いきつまり(いきづまり・いきずまり);行き詰まり;行き詰まる;
いじり;イジリ・弄り;弄る;イジリをされがちな芸人かけ欠け欠く欠ける人員の欠け、欠けがある
いのちこひ(いのちごい);命乞い;
いびり;イビリ;いびる;ong;例=若手へのイビリ

【A Au う】

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

うずき;ウズキ・疼き;疼く;;体のウズキ
うねり;ウネリ・唸り;唸る;otkari;ウネリがスゴイ、唸り声。ネット検索したところ、"お唸り"の使用例はあるようです。

【A Ae え】

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

【A Ao お】

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

お+連用形;御+連用形;この形を取れば、ほとんどの場合、名詞的用法ができる。その上、連用形として使う機能も残っていることがある。
おき(起き);起き;起きる;otkari otkiru;[お〜]系は[煩悶がお起こりになる]くらいしかまともに使われていない。※誤入力っぽいのは多数見つかった。
おき(置き);置き;置く;otkari josi;[お置きになる・お置きしました]など。[置きしました]などとは、普通使われない。
おき(置き・俗語);置き;置く;otkari josiビデオゲーム用語。不自然に丁寧感を出す以外では俗語の場合、[お置きになる・お置きしました]など使わない。また、名詞用法で[置きする]と表現するよりも[置きをする]と使うのが普通。名詞用法でなければ、単純に[置く]と表す。 
おこり(いかり表現);怒り;おこる・怒る;[いかる・おこる]は[同字異音]
おこり(始まり・行われ・起き出し);起こり;起こる;ong;[お〜]系は[煩悶がお起こりになる]くらいしかまともに使われていない。※誤入力っぽいのは多数見つかった。
 
おし(動き);押し・オシ;押す;otkari otkiru;向こうの押しが強い・印鑑の押しが足りない
おし(気持ち・言葉);推し・押し・オシ;推す・押す;otkari otkiru;押しに弱い・私の押し・押しが足りない・ゴリ押し・一押し。[推し]は[押し]という概念を[気持ち・言葉]として表現するだけで、[押し]であることに変わらず。どちらの表記も目にする。

おしきり;押し切り;押し切る;rymr;デジタル大辞泉小学館)によると「押しつけて切ること・わらなどを切る道具・馬のたてがみを、5~6センチの長さに切りそろえたもの」などの意味がある。精選版 日本国語大辞典には「相撲で相手を押して行って土俵の外に出すこと・自分の主張、考えなどを押し通すこと」などの意味がある。困難な状況や拮抗状態を無理したり頑張ったりして乗り越える。

おち;落ち・オチ;落ちる;josi;オチが面白い。出オチ。
おてなみ;お手並み・御手並み;御手の並び?;mkn otkari otkiru old;
おもき;重き;重し(重い);例:重きを置く、重いこと。重み。物事の1番大切な部分(重点)。
おもひつき・おもいつき;思ひ付き・思い付き;思い付く;

 

part1(辞典説明・Tag説明):Link part2:Link part3:Link

 

 

▼Tag 説明※随時調整

f:id:peaceheart:20210104235012j:plain

【1knj】

1漢字化されている表記があるもの。「固まり→塊」の 表記変化は、送り仮名[まり]が消えて[塊]の漢字を当てられて1漢字に集約している。

1漢字化されている漢字は、語源を見失うというデメリットがあり、安易にすべきでないというのは、私の考えです。

 

【da】

 [da]とは[〜だ]という形をとることです。このtagはそれだけでつけるのでなく、「〇〇する」の形はとらないが、「〜だ」の形はとるという言葉につけるTagです。

例:❌間抜けする。⭕間抜けだ。

[間抜け]自体は名詞化して使われている言葉ですが、[動作というより状態・性質を表す言葉]として使われています。

 

【desu】調整中

 [desu]とは[〜です]という形をとることです。このtagはそれだけでつけるのでなく、「〇〇する・〇〇だ」の形はとらないが、「〇〇です」の形はとるという言葉につけるTagです。

例:❌守りする。⭕守りだ。

[間抜け]自体は名詞化して使われている言葉ですが、[動作というより状態・性質を表す言葉]として使われています。

 

【dms】関連

 [dms]Tag名は、[動名詞-DouMeiSi]から。[dms]+[ok・ng]で使い分ける。以下参照。

【dmsok】

 例「貸し出しする。」

※動詞としての意味で使える。英語で言う動名詞("〜ing"・"to 〜")のように使える。ただし、図書館やサービスごとによって、[貸し出し(貸出)]自体を専門用語・固有の特徴を持つ固有サービスを指す場合もあります。

「動作」を表す連用形名詞であることが多い。

 

【dmsng】

 例「あの星は光する。」←単純に「rym+する」の形をとったら不自然になるもの。つまり、「動名詞(dms)としてNG=動詞を名詞化とたものとしては使えない」ということ。

※動詞の純粋な名詞としては使えない※使う習慣がない。[ひかり(光)]は、[光るという動作ではなく、光として発された物質を指すのに用いるのが普通]。

習慣がないだけで、連用形名詞用法が人気になれば、[光るという動作の意味]で使われるかもしれない。  

「状態・概念」を表す連用形名詞であることが多い。

 

josi

 [josiari]は、「〜する・〜した」などの形を取るときに、助詞「」つけることが習慣化している言葉。

例:[ボヤキする]は使われにくい表現。「」ナシの場合は不自然になる。「」アリの[ボヤキをする]は使われることがある。

20201221

"ボヤキする"約 350 件

"ボヤキをする"約 10,200 件

【kty】

 kty=「かつよう(活用)=KaTuYou」から。連用形名詞を連用形を別の活用(終止形・未然形など)に変えて使えるもの。

【ktya / ktyari】

 ktyari=「かつようあり(活用アリ)=KaTuYouARI」から。連用形名詞の活用があること。例「芽吹き→芽吹く」

【ktyn / ktynasi / ktyng】

 ktynasi=「かつようなし(活用ナシ)=KaTuYouNASI」から。連用形名詞の活用がないこと。連用形名詞の1つである「お手並み」は「お手並ま」「お手並む」「お手並め」などの活用をしない。

 
【old】 

 「御手並み(おてなみ)」に含まれる「並み(なみ)」は、現代で通じにくい言葉です。そういう言葉を含む言葉にタグ付けします。連語の中で使われていて、その連語は普通に現代でも通じる場合があります。
 

【ong】※[otkn]に移行中

 [お〇〇]という形にすると不自然な言葉につけるTag。[お-o]+[NG-ng]から。ただし、誰かしら使っていることがあります。

[駆け出し]に対する[お駆け出し]は、ほとんど使われていません。とき=20210222。

 

【otka・otkari】

[お-o]・[付け-tuke]・[アリ-ari]から、[otka・otkari]というTagに。[お〇〇]という形の使用例を確認できたら、付けるTagです。ただし、極めて少ない件数しかない場合は[ong]Tagにします。

 

【otkiru】

 [お-o]・[付き-tuki]・[いる(要る)-iru]から、[otkiru]というTagに。[〜する・〜になる]という形をそのままだと違和感があるが、[お〜する・お〜になる]という形なら聞き覚えがある言葉となる言葉。

例:△守りする。⭕お守りする

例:△起きになられる。⭕お起きになられる

 

【otkn】

[お-o]・[付け-tuke]・[ナシ-Nasi]から、[お〇〇]という形にすると不自然な言葉につけるTag。※誰かしら使っていることがありますが一般的ではないということ。

[駆け出し]に対する[お駆け出し]は、ほとんど使われていません。とき=20210222。

これについては、経験則からの予想が立てにくいです。[人に声を掛けるなどして関わる]の意味で使われる[からみ(絡み)]という連用形名詞を〝お絡み〟という表現で使う人もいます。

「"お絡み"約 12,000 件」とき=20210222

😎ということで、「〝お〟アリ」で使うことが、極めて少ない例があったら教えてください❗

 

 

【parts・part】

 連語のパーツとして使われる。[もめる(揉める)]の連用形「もめ」を 単独の名詞で使うことは少ない・習慣がない。しかし、[大揉め・揉め事]のように連語の連用形名詞ではパーツとして使われます。そういった言葉には[parts]tagをつけます。

 

【rng】※非推奨タグ、代わりに「rym」を使う

 [rng]は[連語-ReNnGo]から。[rng2]は[2つの言葉が合わさった連語]です。[rng1]は[非連語]ですが、なぜ[rng]Tagを用いるのかというと、覚えやすくするためです。

 

【rymr】

[rymr]は[連用形名詞の連語形-RennYoukeiMeisi no Renngokei]から。

連用形名詞が連語で構成されている場合。例:[手洗い]=[手]+[洗い]

【rymt】

[rymt]は[連用形名詞の単語形-RennYoukeiMeisi no Tanngokei]から。

連用形名詞が単語で構成されている場合。例:フリ(振り)

 

 

 

【senkyo】

終止形の意味そのままを名詞として使うことは、日本語の性質上可能ですが、「言葉の占拠」が なされている場合はそうはいきません。

[書き留め]は[書き留める]の名詞として使おうとしても、[書き留め・書留]という郵便サービスの存在のため、固有のサービス名としてか伝わらないということになっています。 

[dmsng]のTagと似た性質を持つ

 

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

😀いかがでしたか♪

このDatabase(データベース)にある言葉を見たら、みなさんも、[無意識に使っている言葉]もあったハズです。

 

終止形が動詞の基本形として説明するのがわかりやすいため、辞書収録でも終止形が基本になっています。

しかし、ワタシ的には「言葉の本質は連用形にアリ」と 考えています。

 

これについては、いつか書く機会・ネタがあれば書く予定です。 

😋ではまた〜。

 

 ▼オマケ:漢語 vs 和語連用形名詞 比べ

🍅ちなみに、日本語においての漢語は、名詞として使われるのが基本なので、連用形名詞と漢語を比べてみると面白いです。

 

【和語の連用形名詞】付け替えする

【漢語】交換する

 

【和語の連用形名詞】付け替えをする

【漢語】交換をする

 

【和語の連用形名詞】お終いにする

【漢語】終了にする

※[お終いする]は使われにくいが、[終了する]は使われやすい。

 

【和語の連用形名詞】人の出入りがある

【漢語】人の出入がある

出典:デジタル大辞泉小学館

しゅつ‐にゅう〔‐ニフ〕【出入】 の解説
[名](スル)出ることと入ること。でいり。ではいり。また、出すことと入れること。だしいれ。「金銭の出入を記録する」「船舶が港に出入する」

 

▼補足:「連用形名詞」という見出しは辞書にナシ?

 辞書においては、「連用形名詞」という言葉で収録していません。辞書では「名詞法」という見出しで説明されています。

ただし、"連用形名詞"約 2,990 件なので、辞書に載っている"名詞法"約 2,000 件より多い結果となっています。

デジタル大辞泉の解説

名詞法(読み)メイシホウ@めいしほう ‥ハフめいしほう〔ハフ〕

動詞・形容詞の活用形を名詞として使う用法。「読み書き」「遠く(を見る)」のように連用形を用いることが多いが、「すま(争)う」の「すもう(相撲)」、「から(辛)し」の「からし(芥子)」のように終止形を用いることもある。

 

精選版 日本国語大辞典の解説
名詞法(読み)メイシホウ@めいしほう ‥ハフめいしほう〔ハフ〕

〘名〙 用言の用法の一つ。名詞として用いる場合をいう。通常、動詞の連用形にこの用法がある。「動く」の「動き」、「考える」の「考え」など。〔語法指南(1889)〕

 

▼補足:「連用形名詞」という呼び名以外も?

【"連用刑名詞"関係をGoogle検索20210222】

"連用形名詞"約 2,990 件

"動詞連用形名詞"約 2,160 件

"名詞法"約 2,000 件

"連用名詞"約 1,800 件

"連用形名詞法"約 75 件

"連用形名詞用法"約 9 件

         ↑

これらすべて[連用形名詞]を表す言葉として使われています。"連用形名詞"と"連用形名詞法"は、意識的に使い分けする場合もありそうですが。

ちなみに、辞書には[名詞法]として収録されています。しかし、[名詞法]では何がなんだかわかりにくいため[連用形名詞]を使う人が多いのでしょう。

ひとによっては、[動詞連用形名詞]の略として[動詞連用形]と書いている人もいるため、検索のランキングに入れようかと思いましたが、[単純に動詞の活用形の1つとしての連用形]というそのままの意味で使う記事が多いため参考記録

"動詞連用形"約 24,600 件は参考記録

 

part1(辞典説明・Tag説明):Link part2:Link part3:Link