和語の里 - 日本語・データ化・考察 -

やまとことば・和語・日本語に関する情報をデータ化・日本語の問題点解説※記事内の使用画像:cc0のフリー素材・及び加工物※画像の二次使用NG

【⛔誤読データ集】part2「は行〜」日本語は略・訛りの💥オンパレード!💥【私家版誤読辞典的なもの】

f:id:peaceheart:20210821050046j:plain

 この記事は「もとの読み(音)から変わってしまった言葉」をまとめる記事です。随時更新。※part1とタイトルを変えてるのは、検索システムの都合上です。 

今の収録基準として、辞書に見出しとして載っているものを収録、辞書に「〇〇とも読む」「〇〇からの音変化」などと書いてある語を収録するつもりです。

 

 part1 「あ行」「タグ説明など」

 

 

 ▼読み変辞典(読み変データ)

 

【H Ha は】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain


ばいこま→べいこま・ばいごま→べいごま・べーごま・べえごま;貝コマ(貝ゴマ)・貝独楽(当て字);「ベイ・ベー(貝)」は「ハイ・バイ(貝)」のナマリなので当て字ではない。呉音・漢音[ハイ]の濁音化[バイ]。

ほっそく→はっそく;発足;

【補足】

はっそく    はっそく-発足-HaTtSoKu-HTSK    g    読み間違い扱いされる    @発足
ほっそく    ほっそく-発足-HoTtSoKu-HTSK    g    正式扱い 

 

はんこう→はんこ;版行→判子;判子は当て字と説明されている。はんこう(版行/板行)=書物や文書などを発行(印刷)。ハンコ。 

 

【H Hi ひ】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

ひねもす;ひねもすがら→ひねもす;日もすがら→終日(当て字)・日ねもす;atj;精選版 日本国語大辞典 [ひねもす]にて【「日」に接尾語「ね」が付いた「ひね」に助詞の「も」が付き、さらに接尾語「すがら」が付いた「ひねもすがら」の変化した語と思われる。】とアリ。
ひめもそ;ひねもすがら→ひねもす→ひめもす・ひめむす・ひねむす→ひめもそ;日もすがら→終日(当て字)・日ねもす;atj;精選版 日本国語大辞典 [ひねもす]関係の言葉 参考に、読み変まとめをした結果。すごくグチャグチャになっています。ちなみに、現在[ひねもす]に戻っているのは、雅語として規範意識に基づいて[ひねもす]に戻されたと考えられるそうです。

 

【H Hu ふ】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

ふいんき;ふんいき→ふいんき;雰囲気;ott unofc;音位転倒
ふるいへ・ふるいえ→ふるへ・ふるえ;古家・旧家;もと住んでいた家、古い家

 

【H He へ】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

べし;;うべし→べし;宜し→可し・可;[デジタル大辞泉]によると、語源は「宜し(うべし)→べし」の音変化とする説が有力だそうだ。[必然的にそうなる]と推量する意が原義。中世以降「べし」の接続は複雑化し、上一段・下一段・上二段・下二段活用には、イ列音・エ列音に伴うものもみられる。

 

 

 

【H Ho ほ】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

ほとんど;ほとほと→ほとほど・ほとをと(ほとおと)→ほとんど;精選版 日本国語大辞典「ほとんど【殆・幾】」に(「ほとほと(殆)」の変化したもの〜)」の語誌)とあり、精選版 日本国語大辞典「ほと‐ほと【殆・幾】」に「語誌(3)院政期から鎌倉時代にかけて「ほとほど」「ほとをと」となり、室町中期以降「ほとんど」の形をとり、今日に至る。」とある。

 

【M Ma ま】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

まったい;またし→まったし→まったい;全く;意味は[完全・完璧・安全・無事]。デジタル大辞泉【まったい-全い】によると、音便変化の前である文語系は[まったし]と書かれています。さらに、《「またし」の音変化》とも書いてあることから、「またし→まったし→まったい」という変化とわかります。

まっとう;またし→まったし→まったい→まっとう;全う・(当て字)真っ当;pcu;[まったい]も参照。意味=[まとも・まじめ]。デジタル大辞泉【まっとう】によると、《形容詞「まったい」の連用形の音変化》とも書いてあることから、「またし→まったし→まったい→まっとう」という変化とわかります。

まつぼっくりまつふぐり→まつぼくり→まつぼっくり;松陰嚢→松ぼっくり・松毬;ふぐりの意味=睾丸・いんのう-陰嚢。 

まをす・まうす→もうす;申す→申す;学研全訳古語辞典によると上代語の[まをす]が[まうす]になった。

【M Mi み】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

みずから;みつから→みづから→みずから;身つから(身つ柄)→自ら;デジタル大辞泉【み‐ず‐から〔‐づ‐〕自ら】 の解説によると、《「み(身)つから」の音変化。「つ」は「の」の意の助詞。身そのもの、の意》とあります。説明通り、[から=そのもの]という点で考えると、[から]の漢字は[柄]あたりと考えられます。そのため、漢字表記の部分に[身つ柄]も載せさせていただきました。[柄]の意味に[本来備わっている性格・性質。本性。]があり、[そのもの]と同じです。

みやすんどころ;みやすみところ→みやすみどころ→みやすどころ→みやすんどころ;御休み所→御息所;ogm onbn;デジタル大辞泉小学館[みやすんどころ]によると《「みやすみどころ」の音変化。天皇の御休息所の意から》と書かれている。意味は[天皇の寝所に侍する宮女。女御(にょうご)・更衣(こうい)、その他、広く天皇に寵せられた宮女の称。また一説に、皇子・皇女の母となった女御・更衣の称という。2 皇太子妃または親王妃の称。

 

【M Mu む】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

みちのく;みちのおく→みちのく;目だうな→(当て字)面倒な;意味の変化「見るのも無駄→見苦しいもの」。

むつ;みちのおく→むつ;道奥(みちのおく)国→陸奥国陸奥;精選版 日本国語大辞典「むつ【陸奥】」の[二]に、【東山道八か国の一国。古代の蝦夷地で、九世紀までは蝦夷がその半ばを占拠し、大化改新白河以北全域を道奥(みちのおく)国とし、令制で陸奥国と書かれ、のち「みちのく」「むつ」と読まれた。】とある。精選版 日本国語大辞典「みち‐の‐く【陸奥】」にて、(「みちのおく」の変化した語)とある。
精選版 日本国語大辞典「みち‐の‐くに【陸奥】」にて、(「みちのおくのくに」の略や、「みちのく」が「道の国」の意と意識されてできた語などの推測が書かれている。

 

【M Me め】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain


めんこい→めんごい;メンコイ→メンゴイ;デジタル大辞泉[めんこい]にて「めんごい」とも記載あり。意味はカワイイなど。

めんどう;めだうな→めんどうな;目だうな→(当て字)面倒な;意味の変化「見るのも無駄→見苦しいもの」。精選版 日本国語大辞典「面倒」の語源説によれば「目だうな」が有力。「だうな=ムダ(無益)に消費・ムダになること」を意味する。他の言葉との結びつきによって、「矢だうな」「手間だうな」「暇だうな」などが本国語大辞典でも紹介されている。

 

【M Mo も】

f:id:peaceheart:20210104235237j:plain

 

【Y Ya や】

 

やえす;やんよーすてん→やえす(やんやうすてん・やんようすてん);ヤンヨーステン→八重洲;デジタル大辞泉[やえす]の解説にて[ヤン=ヨーステンの名前がなまったもの。]と記されている。

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/オランダ語から日本語への借用
概要
オランダ語ポルトガル語スペイン語などに次いで日本に伝来した西洋の言語である。1609年(慶長14年)、オランダ(当時はネーデルラント連邦共和国)の東インド会社は、平戸にて貿易を開始した。それから30年ほどを経た1640年(寛永17年)に同社は長崎の出島に移り、鎖国となってからもヨーロッパで唯一交易を保ち、彼らの文物を日本に伝え続けた。その過程においてオランダ語の数多の名詞が流入、定着した。

特記:「ヤン・ヨーステン」をまとめると
【本人の母国表記】Jan Joosten van Loodensteijn
【読み方(カタカナ)】ヤンヨーステン
【日本での表記】耶楊子

やか・やけ;sanae bnnki;宅;学研全訳古語辞典「やか 【宅】」に『家。家屋。「やけ」とも。』とある。

やき→やきもち;焼き→焼き餅・ヤキモチ;妬みの意味は[焼き]だけで成り立っていて、ただの無意味な付け足しで[ヤキモチ]とした。

やなぎらく→なぎら・やぎら;柳楽;変換候補の話"なぎら"でも[柳楽]アリ、"やぎら"でも[柳楽]アリ。Yahoo!知恵袋の地域の人の回答では、[柳楽(やなぎらく)→やぎら・なぎら]という読み方の変わり・分かれが起きたということを、[その姓の人]が言っていたらしい。一般の辞書に情報ナシ。

参考LINK・URL:なぎら健壱と、柳楽優弥は親戚だというのは本当ですか? - その質問は柳楽(... - Yahoo!知恵袋

 

 

【Y Yu ゆ】

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

しゅしゅつ→ゆしゅつ;輸出;[輸]はもともと[しゅ]と読んでいたが、誤読により、[ゆ]読みが定着した。

【R Ra ら】

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

らいさん→れいさん;礼賛・礼讃;辞書上のルビは「らいさん」※デジタル大辞泉 参照。意味は「ほめたたえる・ありがたく思う・仏教語で、三宝を礼拝し功徳をたたえること」。

【補足】

らいさん    らいさん-礼賛-RaAiSaNn-RASN    g    読み間違い扱いされる    @raaisann
れいさん    れいさん-礼賛-ReAiSaNn-RASN    g    正式扱い    @raaisann

らふそく→らっそく・らんそく・ろうそく・ろーそく;精選版 日本国語大辞典「らっそく【蝋燭】」にて、 (「らふそく」の変化した語)と書かれている。※「らふそく=ろうそく」。精選版 日本国語大辞典「ろう‐そく ラフ‥【蝋燭】」の[語誌]に「語形にはランソク・ラッソクなどゆれがある」と書かれている。

 

【R Ri り】

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

→;出;た。

 

 

【R Ru る】

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

→;輸出;5

 

【R Re れ】

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

らいさん→れいさん;礼賛;した。

 

【R Ro ろ】

f:id:peaceheart:20210108235618j:plain

→;

【W Wa わ】

わかゆ;わかあゆ→わかゆ;若鮎;sko;デジタル大辞泉小学館)【わかゆ 若鮎】 の解説によると、《「わかあゆ」の音変化》

 

 part1あかさたな

 

  

 

 

f:id:peaceheart:20201130114539j:plain

🌻いかかでしたか♪

 

 正しい日本語を使ってるつもりでも、その言葉が「ナマリ・略によって変わっている言葉」であることがあります。ここでいう「読み変」。

 では、「読み変=正しくない」と考えたら、世の中のほとんどの言葉が「正しくない言葉」となり、まともに会話すらできません。

 言葉を正誤で判断するのが、いかに難しいかわかると思います。危険な「読み変」があるとすれば、[すでにある言葉A]、それと[意味が異なる言葉B]があるとして、言葉Bがナマリを起こし、言葉Aと同じ音になったときが危険と言えるでしょう。つまり、意味の勘違いを起こすナマリです。

 それ以外のナマリ表現は、そうあるべくしてなっていることもあります。

デメリット・メリットを考えて、どのような音であるべきか論じてもいいのではないでしょうか?

▼参考

「音変化」を説明文に含む言葉1ページ目 - goo国語辞書

 
【goo辞書[誤り]で検索】
https://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E8%AA%A4%E3%82%8A/m3u/

 

 「検索の表記ブレの表記ゆれ」:ごよう ゴヨウ goyou 御用 誤用 ご用 五葉 5葉 五洋 ご陽 呉用 五陽 梧葉 牛羊 五曜 梧洋 呉葉 語用、ごどく ゴドク godoku、誤読 ご毒 五毒 ご読 御毒 御読、なまり ナマリ 鉛 訛り 鈍り namari、 りゃくご 略語 リャクゴ ryakugo、読み編、yomihen、よみへん、ヨミヘン、読み編時点、yomihennjitenn、よみへんじてん、ヨミヘンジテン